ライフイベント表・キャッシュフロー表の作り方

キャッシュフロー表の作り方

無事「ライフイベント表」を埋めることはできましたでしょうか?(^^♪

では、「キャッシュフロー表」の作成について説明しますね。
「キャッシュフロー表」は、先に作成した「ライフイベント表」を具体的に数値化したものです。
※番号は「雛型」と合わせています。
スポンサーサイト

ライフイベント表の作り方

では実際に「ライフイベント表の作り方」を説明していきます。

ここでは"今の家計状況と向き合う"ことを目的としますので、「作ってからこれ通りに運用したけどうまくいかんかったど!」とかっていうクレームだけはご勘弁を…笑
私はFPの資格を今まだ持っていませんのでm(__)m
(FP資格を持っているFP(ファイナンシャル・プランナー)の方たちが作成するものは、もちろん自分で作るキャッシュフロー表と全然違い、性格で的確なアドバイスをしてくれますので、FP(ファイナンシャル・プランナー)の方たちを誤解しないでくださいね。)

将来設計していますか?!

主婦の皆さん!!もちろん家計簿…つけていますよね?
急に唐突な質問ですみませんm(__)m笑

では"家計簿を付けて今の所プラスになっている"ということで、将来は安心だと思っていませんか?

ただ漠然と「毎月3万貯金してると年に36万の貯金。まぁ最低限これを続ければ今後は大丈夫でしょ!」と考えて生活されていませんか?!
また、近い将来(来年、再来年)の予定だけを考えて、資金運用していませんか?
それでは、はっきりと言いますが、将来が絶対に大丈夫とは言い切れませんよ?
近い将来の5年後、10年後ぐらいまではご自身で想像できる範囲なので大丈夫かもしれませんが、更にその先はちょっと怪しくなってくるかもしれません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。